ミネラルウォーターと天然水の違い

be6210501b2b761634ad31242ecab3ac

 

飲料水を購入する家庭は年々増加し
ていると言います。

 

災害に備えるための備蓄という点で
も、購入を検討している人は多いで
しょう。

 

そこで悩むのが、どの水を買うのか
という問題です。

 

最近の飲料水は、一口で水と言って
もたくさんの種類があり、悩んでし
まうのも無理はありません。

 

水選びの基本知識をまず紹介しまし
ょう。

 

スポンサードリンク

「ミネラルウォーター」とは?

 

ミネラルウォーター」は、名前か
ら考えるとミネラルを含む水。

 

つまり、大自然の地層フィルターで
浄化され、その過程でミネラルが溶
け込んだ水……ということもありま
すが、ミネラル含有量が低い日本の
天然水の場合、あえて採水後にミネ
ラルを加えて調整するものもありま
す。

 

一般的にミネラルウォーターは採水
された後、濾過、沈殿、加熱殺菌、
オゾン殺菌、紫外線などの衛生上必
要な処理が施されます。

 

その後、商品の売りとなっているミ
ネラル成分などを加えて、味が調整
されます。

 

つまり、ミネラルウォーターはある
程度人工的に加工された水と言えま
す。

 

「天然水」とは?

 

では、ミネラルウォーターと同じく、
よく商品名にある「天然水」とはど
ういったものを指すのでしょうか?

 

こちらはミネラルウォーターより自
然な水と考えることができます。

 

衛生上、採水後に濾過や沈殿、加熱
殺菌が施されているのは一緒ですが、
何かを加えたりということはなく、
比較的本来の水の味を損なわないよ
うに、最低限の処理にとどめられて
います。

 

水本来のミネラルバランスが保たれ
ている点にも着目すべきでしょう。

 

また、ヨーロッパなどでは、加熱処
理なども一切されていないものを
「ナチュラルウォーター(天然水)」
と呼びますので、輸入品などであれ
ば一番自然な水に近い状態になりま
す。

 

それぞれの長所と短所

 

ミネラルウォーターと天然水、どち
らがいいと一概に決めるのは難しい
です。

 

自然にこだわるなら天然水ですが、
手が加えられている分、飲料水とし
て商品の魅力を持っているものの多
くはミネラルウォーターです。

 

衛生面でもきちんと処理されている
安心感があります。

 


 

飲料水はいろいろな機能を付加した
商品が年々増えてきています。

 

中には詐欺めいたトラブルを招くも
のも少なくありません。

 

あまり完璧を求めず、毎日飲むもの
だからこそ、いろいろなものを試し
つつ、コストパフォーマンスなどの
現実的な面もあわせて商品選びをし
てみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)