スマホのバッテリーを長持ちさせる

battery

 

AndroidやiPhoneといったスマー
トフォンが普及するようになりまし
た。まだまだガラケーには追いつき
ませんが、急速に数を伸ばしていま
す。

 

ガラケーからスマホに乗り換えて、
不満に感じるという人は少なくない
ようです。

 

多機能さより、手に馴染んだ使い勝
手の良さがほしい、そんな声が聞こ
えてきそうです。中にはガラケーの
使い勝手を維持するためにテンキー
を搭載するAndroidスマホもありま
すよね。

 

でも、多機能さには多くの人がなん
だかんだで便利さを感じているので
はないでしょうか?

 

一方で、「やっぱりスマホはダメ!」
と話題になるのが、バッテリーの持
です。

 

スポンサードリンク

基本の電源管理ウィジットで調節

 

スマホは多機能なだけに何も考えず
に使っているとどんどん電力を消費
してしまいます。

 

気が付いたらスマホのバッテリーが
1日も持っていないというなら、対
策を打つ必要があります。

 

最初にちょっと設定するだけで、
意外と持ちが変わってきます。

 

まず、どのスマホにもある、電源管
理ウィジットを利用しましょう。

 

Wi-FiやBluetooth、GPS、自動更新
など、知らない間に通信をする機能
はバッテリーを消費する代表格です。

 

これらは基本の電源管理ウィジット
で設定できるので、必要ないものは
適宜OFFにしましょう。

 

ムダな電力を省く

 

また、使っていないアプリもシャッ
トダウンするのが基本です。アプリ
は立ち上げているだけでバッテリー
を消費します。

 

触っていないときは、電源ボタンを
サッと押してスリープにする習慣を
付けましょう。必要もないのにディ
スプレイを付けているのは電力のム
ダです。

 

それに、ディスプレイが明るすぎる
のもムダな消費につながるので、使
用に問題ないところもまで輝度を下
げてみるのもオススメです。

 

ディスプレイの設定では、触ってい
ないとき、何秒後にスリープ状態に
なるかなどの設定もあるので、合わ
せて有効活用しましょう。

 

バッテリー長持ちアプリを追加する

 

これらを手動でやるのが面倒という
ときは、「Juice Defender」などの
ッテリー節約アプリの出番です。

 

使っていない機能やアプリ、ディス
プレイの輝度などを自動的に調整し
てくれます。

 

スリープ時など、ほとんど電力を消
費しません。

 

何も考えずにスマホを使っているだ
けで、バッテリーを長持ちさせるこ
とができるので重宝します。

 


 

スマホのバッテリーは、最初に慣ら
しと呼ばれる、使い切ってからフル
充電する行為をやるといいといわれ
ています。ただし、やり過ぎは禁物
です。

 

バッテリーには寿命があり、古くな
るとどうしても減りが早くなります。

 

バッテリーの質を低下させないため
には、なるべく充電しっぱなしや電
源切りっぱなしという極端な状態を
避け、常に電気が動いている状態を
作る方がいいと言われています。

 

バッテリーの状態にも気を遣いたい
ですね。



スポンサーリンク

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)